Anritsu RG53A 修理記録
平成15年4月2日到着  平成16年3月23日完成
  1. 修理前の様子
    ハム音が多い
    メモリ−ユニット不良

  2. 原因
    経年変化による各部劣化
  3. 修理状況
    電解コンデンサー交換
    抵抗
      水晶発振交換   <<水晶片在庫有ります @2000円>>
       スペック
        老舗の「三田電波(株)」で製作
        精度
          周波数許容偏差 25℃±5℃に於いて ±20ppm以内
          周波数温度特性 -10℃〜+60℃(25℃値の) ±20ppm以内
          絶縁抵抗 ケース端子間、DC100V 500MΩ以上
          副共振制限 -2dB以上
          経年変化 ±2ppm以内


     
  4. 使用部品
    電解コンデンサー       個
    抵抗               個
    単3NiCd電池         本
  5. 調整・測定

  6. 上位測定機器での調整・測定

  7. 修理費     55,000円
                     <<通常修理>>

A. 修理前の様子
A−1. 前から見る ノイズが多い
A−2A. 下から見る PLL部を主とするデジタル部分  
A−2B. 上から見る RF−IF−DET部
A−2C. 上から見る RF−IF−DET部裏
C. メモリプリセット修理状況
C−1A. 修理前 メモリプリセット部
C−1B. 修理後 メモリプリセット部 基板補修後、バックアップ電池、抵抗、TR(トランジスター)2個交換
C−1C. 修理(半田補正)後 メモリプリセット部裏 
C. 本体修理状況
C−2A. 修理前 液漏れしたバックアップ電池
C−2B. 修理中 「サビ」を掻き落とし、基板補修する
C−2C. 修理後 フラックスを塗り、サビの広がりを防ぐ
C−2D. 修理後 交換したバックアップ電池
C−2E. 修理中 サビは表の基板まで達している
C−2F. 修理後 基板補修する
C−3A. 修理前 PLL部を主とするデジタル部分
C−3B. 修理後 PLL部を主とするデジタル部分
C−3C. 修理後 PLL部を主とするデジタル部分裏
C−4A. 修理前 RF−IF−DET部
C−4B. 修理後 RF−IF−DET部
C−4C. 修理前 RF−IF−DET部裏
C−4D.  修理後 RF−IF−DET部裏
C−5.  交換部品
E. 測定・調整   KEN WOOD TS−940の測定は此方に有りますので比較して下さい
E−1. 測定・調整 
E−2.  周波数精度測定 15MHZのWWW受信 さすがプロ器周波数はドンピシャリ 下手なSSGは顔負け!
E−3A.  30MHZ感度測定 上のSSGより30.05MHZのAM50%変調の5dBμ受信
                  本体600Ω出力を測定 以下、周波数設定以外同じ状態で測定する
E−3B.  20MHZ感度測定 上のSSGより20.05MHZのAM50%変調の5dBμ受信
E−3C.  15MHZ感度測定 上のSSGより15.05MHZのAM50%変調の5dBμ受信
E−3D.  10MHZ感度測定 上のSSGより10.05MHZのAM50%変調の5dBμ受信
E−3E.  5MHZ感度測定 上のSSGより5.05MHZのAM50%変調の5dBμ受信
E−3F.  1MHZ感度測定 上のSSGより1.05MHZのAM50%変調の5dBμ受信
F. 上位測定機器での調整・測定   KEN WOOD TS−940の測定は此方に有りますので比較して下さい
F−1.  15MHZ感度測定 上のSSGより15.05MHZの信号1μVをCWで受信
                  BFOを1KHZに調整して、SP出力を測定
F−2. 下の波形は1KHZ
F−3. 完成24時間エージング中 
               規制緩和のお陰で、ヘビーデュティなプロの業務から開放され、ハムの世界で余生を迎える幸せな機器
                          rg53a-v
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.