JRC NRD−515.NDH−518 修理記録
平成14年1月7日到着  平成14年2月14日完成
A. 修理前の状況
  • アンテナをつないでなくてもバリバリとノイズがあり、ある日突然20dBぐらい感度が落ちました。
    NHD−518 メモリ−ユニットは当初から調子悪い

B. 原因
  • FETの劣化

C. 修理状況
  • 修理状況
    FET全部交換
    RF/MIX/IF段感度調整
    10MHZ基準発振回路調整
    PBT回路調整df回路調整
    第2局発振回路調整
    Sメ−タ調整
    基板半田補正

D. 使用部品
  • FET                5個
    C−MOS−IC          2個
    TTL−IC              8個

E. 調整・測定


F. 修理費 36,000円 + 9000円

1. RX基板を修理中、FETを全部交換する
2. 1st−MIX
3.  2st−MIX
4. 半田補正が終わったRX基板
5.  5/10/15MHZのJJYで内部のXtal発信を校正する
6.  カウンタ−もJJYで校正する。
7.  第2局部発信器455.00=CW校正
8.   第2局部発信器453.50=LSB校正
9.  第2局部発信器456.50=USB校正
10. 第2局部発信器452.79=RTTY校正
11. Sメーター感度調整 S9+60dB=99dB
12. Sメーター感度調整 S9+60dB=99dB
13. 29.1MHZ無変調を2.5KHZ帯域幅のメカニカルフイルターで受信
14. 29.1MHZ無変調を6KHZ帯域幅のセラミックフイルターで受信
     感度差ご覧の通り、劣化したのか??
     切り替えSWのダイオード等全てチェックしOK
15. 完成
16. NHD−518 メモリーユニット修理、C−MOS/TTL交換する
17.  半田補正中
18.  メモリーユニット修理完了
19. 完成 15MHZのJJYを受信中
20. 完成 7MHZのハムバンドを受信中
                         nrd515-f
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.