Aura Note Premier 修理記録
2019/7/7到着   7/10完成
A.修理前の状況
  • 自身で、部品交換をしておりメーカ修理が受けられないため修理をお願い申し上げます。
  • 【現象】Lチャネルのみ音が割れる。
        小音量、ヘッドホン使用時は普通に聴こええます。
        以下の処理をしましたが現象は変わりませんでした。
    【経過】前有者が修理を諦めたものを譲っていただきました。
        <これまでの修理内容>
        前所有者:
          電源系コンデンサーの一つに膨張が見られ電圧が低下していた電源系のコンデンサーを交換
        当方:
          出力用、ヘッドフォン用のリレー交換、気になる半田部分の修正
  • 工房注記
    初心者はこの様な資料も少ない機器は向いていません。
    大手メーカーの機器がお薦めです、その中でも多く生産された機器が良いです。
    この時、回路図を入手して下さい。
    そして、必ず現在の修理箇所と回路図の場所を1対1で認識してから行動します。
    そうすると回路図から基板部品類、基板部品類から回路図と瞬時に対処できます。
    その他はここ参照

B.原因
  • 終段TR(トランジスター)焼損。
    立ち上がりリレー焼損。

C.修理状況
  • リレ−交換.
    終段FET(電界効果トランジスター)交換.
    OP−AMP交換.

D.使用部品.
  • 週だTR(トランジスター)          2組4個。
    リレー                        1個。
    OP−AMP                    1個。

F.修理費   50,000円  通常修理
                   特別にHP製作。

S. Aura Note Premier の仕様(カタログ・マニアルより)

A. 修理前の状況。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
A1. 点検中 前から見る
A2. 点検中 前右から見る
A3. 点検中 後から見る
A4. 点検中 後左から見る
A5. 点検中 上から見る
A6. 点検中 前左右パネル、上蓋を外し、上から見る。
          交換した電解コンデンサーは足長の宙ぶらりん!自分での使用は良いが、他に転売(オークションを含)するときはPL方が適用されますので、注意の事。
A62. 点検中 前左右パネル、上蓋を外し、前上から見る。
A7. 点検中 下前左から見る
A8. 点検中 下後右から見る
A9. 点検中 下から見る
C. 修理状況。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
C1.修理前 AMP基板
E.完成  24時間エ−ジング。    右はSHARP SM−SX200. 3台目
 Aura Note Premier の仕様(カタログ・マニアルより)
形式 FMチューナー内蔵CD/AMP一体型レシーバー
   ■アンプ部
出力 125W+125W(8Ω)
周波数特性 20Hz-25kHz
入力 AUX(RCA)×2、光デジタル(TOS)×1、USB(for PC)×1、USB(for iPod/USB memory)×1
出力 プリアウト(RCA)×1、ヘッドフォン×1、スピーカー×1
ボリューム CIRRUS LOGIC CS3310
   ■CD/DAC部
メカニズム EP C-101
D/Aコンバーター CIRRUS LOGIC CS4398
   ■チューナー部
受信バンド FM(76.0-90.0MHz)
プリセット 20局
   ■USB Type A入力
再生可能ファイル WAV(192kHz/24bitまで)、FLAC(96kHz/24bitまで)
   ■USB Type B入力
再生可能ファイル Mac OS、Windows OS (192kHz/24bitまで)、iPod or USB Memory mp3/WMA(All File)
   ■総合
サイズ H100×W270×D278mm
重量 7.5kg
機能 表示照度調整、クロック表示、スリープ付きタイマー
付属品 リモートコントロール、USB接続ケーブル(USB2.0)、簡易FMアンテナ、電源ケーブル
価格 ¥320,000 (税別)
備考 Aura note V2は全てのUSB聴きでの動作を保証するものではありません。また、著作権保護システムにて保護されたファイルなど、再生に対応しないものがあります。
当社ではAura note V2のUSB接続の際、オーディオデータの破損などに対する責任は負えません。予めご了承ください。
Aura note V2はWindows OSとMac OSの両方にてご使用いただけます。
Windows OSでのUSB接続には専用の「USB2.0ドライバー」が必要となります。Mac OSではドライバーのインストールの必要はありません。
Windows10には現在のところ対応しておりません。今後の対応につきましては対応の確認が取れ次第ホームページ、並びにカタログ等でご案内してまいります。
                    note-c
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
 Copyright(C) 2019 Amp Repair Studio All right reserved.