FM Acoustics FM801A 修理記録
平成18年6月23到着  12月30日完成
  • A. 修理前の状況
      ほとんど使っていなかったのではと思うぐらいきれいな状態のFM801Aアンプなのですが 、
      基盤の真ん中あたりに黒くこげた跡があります。 音が出ません。
       電源ONで添付写真のように左インジケーターとDC OFFSETが 点灯した状態で、本体が熱くならない
      (冷却ファンも回っていない)ので アンプが稼動してない状態です。

  • B. 原因・現状
      多分、過大入力によるドライブTR(トランジスター)焼損

  • C. 修理状況
      電解コンデンサー交換
      ドライブTR(トランジスター)交換


  • D. 使用部品
      オーディオ用電解コンデンサー             16個(ニチコン・ミューズ使用)
      ドライブTR(トランジスター)                4個
      フイルムコンデンサー                   13個
      抵抗                               3個


  • E. 調整・測定

  • F. 修理費       100,000円  <<オーバーホール修理>>

A. 修理前の状況
A−1A. 点検中 ケースを見る、艶消しの深みの有る黒色塗装
A−1B. 点検中 後から見る
A−2A. 点検中 上から見る
A−2B. 点検中 終段TR(トランジスター)はモールド型
A−3A. 点検中 SP接続端子 入力端子
A−3B. 点検中 キャノン入力端子が有るのだから、これを使用したい、下記はそのケーブルの例
A−4A. 点検中 冷却フアンの吸い込み口フイルター、気候が異なる性か、ボロボロ
A−4B. 点検中 冷却フアンの吐き出し口フイルター、気候が異なる性か、ボロボロ
A−4C. 点検中 冷却フアンの吐き出し口フイルター
C. 修理状況
C−1A. 修理前 ドライブ基板
C−1A−1. 修理前 ドライブ基板、焼損部
C−1B. 修理後 ドライブ基板
              抵抗3個、半固定VR6個、TR(トランジスター)4個、電解コンデンサー7個、フイルムコンデンサー12個交換
C−1C. 修理前 ドライブ基板裏
C−1D. 修理(半田補正)後 ドライブ基板裏
C−1E. 完成ドライブ基板裏 洗浄後
C−2. フロントパネルを外して修理中
C−2A. 修理前 VUメータ(LED表示)基板
C−2B. 修理後 VUメータ(LED表示) 電解コンデンサー9個交換
C−2C. 修理前 VUメータ(LED表示)基板裏
C−2C-1. 修理中 VUメータ(LED表示)基板裏、半田不良ヶ所
C−2D. 修理(半田補正)後 VUメータ(LED表示)基板裏
C−2E. 完成VUメータ(LED表示)基板裏 洗浄後
C−3A. 修理前 LED表示基板2裏
C−3B. 修理(半田補正)後 LED表示基板2裏
C−3C. 完成LED表示基板2裏 洗浄後
C−4A. 修理前 電源SWの雑音防止コンデンサー
C−4B. 修理後 電源SWの雑音防止コンデンサー
C−5. フロントパネル+側面パネルを外して修理中
C−5A. 修理前 終段ブロック、上から見る
C−5B. 修理後 終段ブロック、上から見る、全ての止めネジを増締めする
C−5C. 修理前 終段ブロック、下から見る
C−5D. 修理後 終段ブロック、下から見る、全ての止めネジを増締めする
C−5E. 修理前 終段ブロック、横から見る
C−5F. 修理後 終段ブロック、横から見る、全ての止めネジを増締めする
C−6A. 修理前 R側終段基板
C−6B. 修理(半田補正)後 R側終段基板
C−6C. 完成R側終段基板 洗浄後
C−6D. 修理前 L側終段基板
C−6E. 修理(半田補正)後 L側終段基板
C−6F. 完成L側終段基板 洗浄後
C−7A. 修理前 SP接続リレー基板裏
C−7B. 修理(半田補正)後 SP接続リレー基板裏
C−7C. 修理前 SP接続リレー基板裏、横から見る
C−7D. 修理(半田補正)後 SP接続リレー基板裏、横から見る
C−8A. 修理前 SP接続端子裏
            写真紛失
C−8B. 修理(半田補正)後 SP接続端子裏
C−9A. 修理(半田補正)後 入力キャノンコネクター
C−9B. 修理(半田補正)後 入力キャノンコネクター、念には念を入れアースを取る
C−AA. 修理前  冷却フアンの吸い込み口フイルター
C−AB. 修理後  冷却フアンの吸い込み口フイルター
C−BA.交換部品
C−BA.交換部品、熱で変色したフイルムコンデンサー
C−CA. 修理前 上から
C−CB. 修理後 上から
E.測定・調整
E−1. 出力・歪み率測定・調整
    <見方>
   下左オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、SPからの出力を測定   下中オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)
   下中右上=周波数計
   下中右上デジタル電圧計=SP出力電圧測定RLは切り替えて測定
   上左端電圧計=L側SP出力電圧測定、黒針のみ使用
   上中左歪み率計=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上中右=R側SP出力電圧測定、赤針のみ使用
   上右端オシロ=SP出力波形 上=R出力、下=L出力
E−2A. R側、SP出力電圧44V=242W 歪み率0.03% at=1000HZ
E−2B. R側、SP出力電圧46V=242W 歪み率0.03% at=400HZ
E−3A. L側、SP出力電圧46V=242W 歪み率0.03% at=1000HZ
E−3B. L側、SP出力電圧46V=242W 歪み率0.03% at=400HZ
E−4A. その時のPEEK−LED表示
E−5. 24時間エージング
E−7. フアン吐き出し口に網を付ける
         Copyright(C) 2010 Amp Repair Studio All right reserved.                fm801a-1n
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。 写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。 細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください。