Aurex SY−Λ88U. 7台目修理記録
平成27年5月29日持込    10月24日完成
注意 このAMPには、出力回路にプロテクトが有りません。 よって、出力にはDC漏れの危険が有ります。
    メインAMPと「DC入力接続」するときは、十分に注意すること。「出来れば避けた方が良い」 
詳しくはこちら参照 詳しくはこちら参照2
A. 修理前の状況
  • L側出力でず。


B. 原因
  • 経年変化による劣化で歪み多し。

C. 修理状況
D. 使用部品
  • テフロン絶縁RCA端子          10組20個。
    3Pインレット                1個。

G. 修理費   40,000円    通常修理。

S. TOSHIBA  Aurex SY−Λ88U の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況
A11. 点検中 前から見る
A112. 点検中 前から見る。 電源表示LEDが見えない。
A12. 点検中 前右から見る
A13. 点検中 後から見る
A132. 点検中 後から見る。 製造番号「2番」をユーザーは協調する?
A14. 点検中 後左から見る
A15. 点検中 上から見る
A16. 点検中 上蓋を外し、 上から見る。
A162. 点検中 外した上蓋裏、鉛テープが張られている。
A17. 点検中 入力RCA端子裏、 ヒビが入っている。多量の接点復活材の使用でベタベタ!
A18. 点検中 メインVR横、 多量の接点復活材の使用でベタベタ! メインVRから出て来たと思われる?
A21. 点検中 下前から見る
A22. 点検中 下前左から見る
A23. 点検中 下後から見る
A24. 点検中 下後右から見る
A25. 点検中 下から見る
A252. 点検中 外した下蓋裏、鉛テープが張られている。
A26. 点検中 下蓋を取り、下から見る
A262. 点検中 前のユーザーが出力ラインの補強をする。 「太いことは良いことだ!」 の表れ?
A31. 点検中 入力RCA端子。 
A32. 点検中 入力RCA端子。 テフロン絶縁型と交換可能。
A41. 点検中 出力RCA端子。
A42. 点検中 出力RCA端子。 テフロン絶縁型と交換可能。
A51. 点検中 電源コード取り付け。
A52. 点検中 3Pインレットに交換。
C. 修理状況
C11. 修理前 AMP部
C13. 修理前 AMP部裏
C21. 修理前 メインVR、SW部
C23. 修理前 SW部裏
C51. 修理前 定電圧部。 電解コンデンサーはテープでお互いに固定(巻いて)してある。
C53. 修理前 定電圧部裏
C61. 修理前 電源整流部
C621. 修理前 電源整流部ラッピング1
C623. 修理前 電源整流部ラッピング2
C625. 修理前 電源整流部ラッピング3
C63. 修理前  電源部整流裏
C. 修理状況
C11. 修理前  電源インレット。
C12. 修理後 3Pインレット取り付け。 
C21. 修理前 出力&TAPE RCA端子郡。
C22. 修理後 出力&TAPE RCA端子郡。テフロン絶縁RCA端子に交換
C31. 修理後 入力 RCA端子郡。
C32. 修理後 入力 RCA端子郡。テフロン絶縁RCA端子に交換
S. TOSHIBA  Aurex SY−Λ88U の仕様(マニアル・カタログより)
型式 コントロールアンプ SY−λ88U
入力感度/インピーダンス Phono MM=2.0mV/100Ω、47kΩ
Phono MC=0.1mV/10Ω、100Ω
Tuner、Aux、Tape=150mV/47kΩ
全高調波歪率(1kHz) Phono MM=0.002%(7.5V出力時、Rec out)
Phono MC=0.002%(7.5V出力時、Rec out)
Aux=0.002%(3V出力時、Pre out)
混変調歪率 Aux=0.002%(1kHz、3V出力時、Pre out)
SN比(IHF-A、ショートサーキット) Phono MM=88dB
Phono MC=70dB
Aux=110dB
周波数特性 Phono=RIAA偏差 ±0.2dB(20Hz〜20kHz、Rec out)
Aux=10Hz〜100kHz +0 -1dB
最大許容入力(1kHz、THD 0.002%) Phono MM=450mV
Phono MC=23mV
定格出力/インピーダンス Rec out=150mV/180Ω(1kHz)
Pre out=1V/100Ω
最大出力 Pre out=30V
サブソニックフィルター MM、MC=16Hz、6dB/oct
使用半導体 トランジスタ=60個
ダイオード=15個
FET=11個
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 30W
外形寸法 幅450×高さ93×奥行386mm
重量 9kg
価格 \265,000(1981年頃)
                sy88-27_12
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.