YAMAHA C2a. 3台目修理記録
平成20年3月10到着  3月29日完成
注意 このAMPは基板が逆さになっております。
    よって、内部に熱がこもり、コンデンサーの寿命が短いです。 放熱には十分気を使ってください。
使用上の注意
  • A. 修理前の状況
       ポップノイズが出る

  • AE. 仮修前の測定

  • B.  原因・現状
        MC−AMPがRLで出力差あり。
        EQ−AMPは歪み多い。
        バッファーAMP歪み多い。
        このAMPは基板が逆さになるため、放熱が悪く、熱がこもり、電解コンデンサーの劣化が進みます。

  • C.  修理状況
       全電解コンデンサー交換
       半固定VR交換
       TR(トランジスター)交換
       リレー修理(内部接点交換)
       EQ−AMP初段FET(電解トランジスター)交換

  • D.  使用部品
        オーディオ用電解コンデンサー          27個(ニチコン・ミューズ使用)
        フイルムコンデンサー               24個
        半固定VR                      10個
        TR(トランジスター)                 4個
        FET(電解トランジスター)              2個

  • E.  調整・測定

  • EE.  上位測定器による 調整・測定

  • F.  修理費(改造費)  115,000円
                      オーバーホール修理。

A. 修理前の状況
A−1.  点検中 上から見る
A−2.  点検中 下から見る
A−3B.  点検中 電解コンデンサーの比較、上=付いている物、下=交換する新しい物
A−4.  点検中 電源コード、「少しよれよれ」になっている
AE. 修理前の測定
AE−1. 出力・歪み率測定
    <見方>
   下段左端 オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、SP出力を測定
   下段中左 オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)   下段中右上=周波数計
   上段左端 電圧計=L側SP出力電圧測定、黒針のみ使用
   上段中左 歪み率計=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上段中右 電圧計=R側SP出力電圧測定、赤針のみ使用
   上段右端 オシロ=SP出力波形 上=R出力、下=L出力(実際にはRL電圧計の出力「Max1V」を観測)
   下段中右上 デジタル電圧計=R出力電圧測定 下段中右下 デジタル電圧計=L出力電圧測定
AE−1A. 修理前測定(AUX入力) 出力電圧1V 歪み率=0.08% 測定レンジ=0.1% 1000HZ入力
AE−1B. 修理前測定(AUX入力) 出力電圧1V 歪み率=0.08% 測定レンジ=0.1% 400HZ入力
AE−2A. 修理前測定(MC入力) 出力電圧1V 歪み率=0.8% 測定レンジ=1% 1000HZ入力
AE−2B. 修理前測定(MC入力) 出力電圧1V 歪み率=1% 測定レンジ=1% 400HZ入力
AE−3A. 修理前測定(MM入力) L力電圧1V 歪み率=0.8% 測定レンジ=1% 1000HZ入力
AE−3B. 修理前測定(MM入力) L力電圧1V 歪み率=0.8% 測定レンジ=1% 400HZ入力
C. 修理状況
C−1A.  修理前 MC−AMP基板
C−1B.  修理後 MC−AMP基板 TR(トランジスター)4個、電解コンデンサー5個、半固定VR2個交換
C−1C.  修理前 MC−AMP基板裏
C−1D.  修理(半田補正)後 MC−AMP基板裏  全ての半田をやり修す+余分なフラックスを取った後 
C−1E.  完成MC−AMP基板裏 洗浄後
C−2A.  修理前 R−MC−AMP基板
C−2B.  修理後 R−MC−AMP基板 TR(トランジスター)2個交換
C−2C.  修理前 R−MC−AMP基板裏
C−2C−1.  修理前 R−MC−AMP基板裏、半田不良ケ所
C−2C−2.  修理前 R−MC−AMP基板裏、半田不良ケ所2
C−2C−3.  修理前 R−MC−AMP基板裏、半田不良ケ所3
C−2D. 修理(半田補正)後 R−MC−AMP基板裏  全ての半田をやり修す
C−2E. 完成R−MC−AMP 洗浄後
C−3A.  修理前 L−MC−AMP基板
C−3B.  修理後 L−MC−AMP基板 TR(トランジスター)2個交換
C−3C.  修理前 L−MC−AMP基板裏
C−3C−1.  修理前 L−MC−AMP基板裏、半田不良ケ所
C−3D. 修理(半田補正)後 L−MC−AMP基板裏  全ての半田をやり修す
C−3E. 完成L−MC−AMP 洗浄後
C−4A. 修理前 AMP基板
C−4B. 修理後 AMP基板
C−4C. 修理前 AMP基板裏
C−4C−1. 修理中 AMP基板裏、放熱器を取り、放熱器下の半田補正中
C−4D. 修理(半田補正)後 AMP基板裏  全ての半田をやり修す+余分なフラックスを取った後 
C−4E. 完成AMP基板 洗浄後
C−5A. 修理前 EQ−AMP基板
C−5B. 修理後 EQ−AMP基板 電解コンデンサー7個、フイルムコンデンサー18個、半固定VR4個交換
C−5C. 修理前 EQ−AMP基板裏
C−5D. 修理(半田補正)後 EQ−AMP基板裏
C−5E. 完成EQ−AMP基板裏 洗浄後
C−6A. 修理前 整流基板
C−6B. 修理後 整流基板 電解コンデンサー4個交換、リレー3個修理
C−6C. 修理前 整流基板裏
C−6D. 修理(半田補正)後 整流基板裏
C−6E. 完成整流基板裏 洗浄後
C−7A. 修理前 定電圧基板
C−7B. 修理後 定電圧基板 電解コンデンサー9個、フイルムコンデンサー2個、半固定VR2個交換
C−7C. 修理前 定電圧基板裏
C−7D. 修理(半田補正)後 定電圧基板裏
C−7E. 完成定電圧基板裏 洗浄後
C−8A. 修理前 ToneControl基板
C−8B. 修理後 ToneControl基板
C−8C. 修理前 ToneControl基板裏
C−8C−1. 修理中 ToneControl基板裏、前シャーシを取り、シャーシ下の半田補正中
C−8D. 修理(半田補正)後 ToneControl基板裏  全ての半田をやり修す
C−8E. 完成ToneControl基板裏 洗浄後
C−9A.修理前 ToneControl基板2
C−9B. 修理後 ToneControl基板2 半固定VR2個、電解コンデンサー2個、フイルムコンデンサー4個交換
C−9C. 修理前 ToneControl基板2裏
C−9D. 修理(半田補正)後 ToneControl基板2裏
C−9E. 完成ToneControl基板2裏 洗浄後
C−AA. 修理前 RCA端子
C−AB. 修理前 RCA端子基板裏
C−AC. 修理(半田補正)後 RCA端子基板裏
C−AD. 完成RCA端子裏 洗浄後
C−B. リードリレーの修理中
C−CA. 交換部品 
C−D. パネル清掃
C−EA. 修理前 上から
C−EB. 修理後 上から
C−EC. 修理前 下から
C−ED. 修理後 下から
E. 調整・測定
E−1. 出力・歪み率測定・調整
    <見方>
   下段左端 オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、SP出力を測定
   下段中左 オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)   下段中右上=周波数計
   上段左端 電圧計=L側SP出力電圧測定、黒針のみ使用
   上段中左 歪み率計=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上段中右 電圧計=R側SP出力電圧測定、赤針のみ使用
   上段右端 オシロ=SP出力波形 上=R出力、下=L出力(実際にはRL電圧計の出力「Max1V」を観測)
   下段中右上 デジタル電圧計=R出力電圧測定 下段中右下 デジタル電圧計=L出力電圧測定
E−1A. 出力電圧1V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1% AUX入力 1000HZ
E−1B. 出力電圧1V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1% AUX入力 400HZ
E−2A. 出力電圧1V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1% MM−2入力(PHONO−2) 1000HZ
E−2B. 出力電圧1V 歪み率=0.02% 測定レンジ=0.1% MM−2入力(PHONO−2) 400HZ
E−4A. 出力電圧1V 歪み率=0.02% 測定レンジ=0.1% MC入力(PHONO−1) 1000HZ 
E−4B. 出力電圧1V 歪み率=0.02% 測定レンジ=0.1% MC入力(PHONO−1) 400HZ
E−5A. 出力電圧16V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1% MC入力(PHONO−1) 1000HZ、この上で飽和する 
E−5B. 出力電圧16V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1% MC入力(PHONO−1) 400HZ、この上で飽和する
EE. 上位測定器による 調整・測定
    完全に組み立てて有ります。
EE−1. 下の2CH Audio Analyzer で自動測定
EE−2A. 入出力特性測定(AUX入力)
      AUX入力端子へ150mV一定入力 VRはmax 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−2B. 入出力特性測定(AUX入力) Low−Cut ON
      AUX入力端子へ150mV一定入力 VRはmax 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−2C. 入出力特性測定(AUX入力) BASS & TREBLE 最大
      AUX入力端子へ150mV一定入力 VRはmax 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−2D. 入出力特性測定(AUX入力) BASS & TREBLE 最小
      AUX入力端子へ150mV一定入力 VRはmax 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−2E. 歪み率特性測定(AUX入力)
     AUX入力端子へ150mV一定入力 VRはmax  左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−3. 入出力特性測定(MM入力)=PHONO−2
      MM入力 入力電圧=2mV一定入力 VRはmax   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−4. 入出力特性測定(MM入力)=PHONO−1
     MC入力端子へ2mV入力 VRはmax   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−5. 入出力特性測定(MC入力)=PHONO−1
     MC入力端子へ0.11mV入力 VRはmax   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
E−6. 引き続き24時間エージング
                         c2a-3-2h
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.