KENWOOD L−07D 修理記録
梱包はこちらを参考      平成19年10月6日到着  平成20年1月30日完成
A. 修理前の状況
  • PLLがロックせず

B. 原因
  • 経年劣化。
C. 修理状況
  • 電解コンデンサー交換(オーディオコンデンサー使用)。
    半固定VR交換。
    OP−AMP交換。
    各種注油。
D. 使用部品
  • 半固定VR                          5個。
    フイルムコンデンサー                   1個。
    電解コンデンサー                     12個。
    OP−AMP                          5個。
E. 調整・測定

F. 修理費         65,000円  「オーバーホール修理」

S. KENWOOD L−07D の仕様(カタログ・マニアルより)
A. 修理前の状況
A1. 点検中 緩衝材に入れられた酒の箱! 1本くらい中身が?
A2. 点検中 上から見る。 タ−ンテーブルがないので点検出来ない!
A3. 点検中 アームはこの取り付け台をそっくり外す。
A4. 点検中 裏から見る
A5. 点検中 電源・制御部を上から見る
C. 修理状況
C1A. 修理前 電源定電圧基板
C1B. 修理後 電源定電圧基板 電解コンデンサー3個、OP_AMP(オペアンプ)1個交換
C1C. 修理前 電源定電圧基板裏
C1D. 修理(半田補正)後 電源定電圧基板裏
C1E. 完成電源定電圧基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C4A. 修理前 制御基板
C4B. 修理後 制御基板 電解コンデンサー4個、半固定VR5個、OP_AMP(オペアンプ)4個交換
C4C. 制御基板。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C4D. 修理前 制御基板裏
C4E. 修理(半田補正)後 制御基板裏
C4F. 完成制御基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C5A. 修理前 SW基板
C5B. 修理後 SW基板 電解コンデンサー1個交換、ラッピングに半田を染み込ませる。
C5D. 修理前 SW基板裏
C5E. 修理(半田補正)後 SW基板裏、ラッピングに半田を染み込ませる。
C5F. 完成SW基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C6A. 修理前 AMP・コネクター基板
C6B. 修理後 AMP・コネクター基板 電解コンデンサー4個交換
C6C. 完成AMP・コネクター基板。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C6D. 修理前 AMP・コネクター基板裏
C6E. 修理(半田補正)後 AMP・コネクター基板裏
C6F. 完成AMP・コネクター基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C7. 修理中 ブレーキ分解・点検・清掃・給油
C8. 修理中 モーター分解・点検・清掃・給油
C8A. 修理前 モーター分解、回転センサー(発電機)にアマチュア(回転子)が当たっている!
             もう少し、修理するのが遅れたら、1巻の終わり!
C8B. 修理後 モーター分解、回転センサー(発電機)に絶縁コートを塗る。
C8C. 修理中 モーター分解、アマチュア(回転子)が回転センサー(発電機)に当たった跡。
C8D. 修理中 モーター分解、アマチュア(回転子)軸と受け玉、オイル切れ!
CA. 交換部品
CBC. 修理前 電源部
CBD. 修理後 電源部
CC. 完成
E. 調整・測定
E1. 調整・測定  
E2A. 33回転調整
E2B. 45回転調整
E3A. 33回転、ストロボ
E3B. 45回転、ストロボ
E4.  完成24時間エージング
E5.  完成24時間エージング、3台揃って、主人の悪口を言い合っているかな?
S. KENWOOD L−07D の仕様(マニアルより) 
型式 ダイレクトドライブターンテーブル L−07D
フォノモーター部
駆動方式 ダイレクトドライブ
モーター クォーツPLLリバーシブルサーボスロットレスDCモーター
最大トルク 2.5kg・cm以上(電子ブレーキ内蔵)
ターンテーブル 直径33cmアルミダイキャスト+ジュラルミン複合構造、重量2.9kg
ターンテーブルシート 非磁性体(サス303)ステンレス2.6kg
慣性モーメント 1.025ton・cm2(ターンテーブルシート含む)
回転数 33 1/3、45rpm
ワウフラッター 0.01%以下(ロータリーエンコーダー)
0.004%以下(FG直読法)
0.016%以下(WRMS)
SN比 94dB(DIN-B)
65dB(JIS)
トランジェント負荷特性 0.00015%以下(400Hz、33 1/3、20g・cm負荷)
0.00008%以下(1kHz、33 1/3、20g・cm負荷)
定常負荷特性 0%(針圧120gまで)
起動特性/停止特性 2.5秒以内
回転数偏差 0%(測定限界外)
時間ドリフト 0%(測定限界外)
温度ドリフト 0%(測定限界外)
電源電圧特性 0%(±10V)
トーンアーム部
型式 スタティックバランスユニバーサルタイプJ字型アーム
アーム実効長 245mm
オーバーハング 15mm
トラッキングエラー +2゜26'〜、-1゜11'〜、+1゜48'(センターから50mm〜150mm)
針圧可変範囲 0〜2.0g(0.1gステップ)
適用カートリッジ重量 0〜9g(付属シェル使用時)
9g〜22g(サブウェイト使用時)
適用カートリッジ重量 10g〜34g
付属シェル カーボンファイバー積層ヘッドシェル12g
アーム高さ調整 6mm
総合特性
付属機構 スタティック型アンチスケーティング
ヘリコイド方式アーム高さ調整
コレットチャック方式アームロック
大型アームコネクター(ロックナットつき)
リッツ2芯シールドオーディオコード
無反動オイル式アームエレベーション
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 10W(電気用品取締法)
寸法/重量/価格
外形寸法 本体=幅555×高さ160×奥行470mm
    幅555×高さ160×奥行489mm(最大外形寸法、1982年記載)
電源、コントロールユニット=130(幅)×110(高さ)×356(奥行)mm
重量 本体=33kg
    33.8kg(最大外形寸法、1982年記載)
電源、コントロールユニット=4.1kg
価格 \380,000(1979年発売)
\450,000(1982年頃)
                      l-07d-16
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。  Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.