Anritsu ZN331A. 2台目修理記録
                   <<RG55A本体の修理ははこちら>>        平成18年12月2日到着  平成年月日完成
  • A. 修理前の様子
        メモリーできず

  • B. 原因
       TTL−IC・メモリー不良

  • C. 修理状況
       メモリー・バック・アップニッカド電池交換
       TTL−IC交換


  • D.  使用部品
      電解コンデンサー
      ニッカド電池
      TTL−IC
      メモリー

  • E. 測定・調整

  • F. 修理費    120,0000円(本体RG55Aを含む)
                     <<通常修理>>



A. 修理前の点検
A−1A. 点検中 前から見る
A−AA. 点検中 ZN331Aメモリープリセット、メモリーせず
A−AB. 点検中 ZN331A 基板
A−AC. 点検中 ZN331A SW、接点復活材の使用で「ベトベト」
C. 修理状況
C−1A. 修理前 RF・AMP
C−1B. 修理後 RF・AMP。 FET(電解トランジスター)交換
C−2A. 修理前 1st LocalOscillator
C−2B. 修理後 1st LocalOscillator。 FET(電解トランジスター)6個、全電解コンデンサー交換
             後々の事を考え、電解コンデンサーを交換する。110℃をせんたくする。
C−3A. 修理前 3st LocalOscillator
C−3B. 修理後 3st LocalOscillator。 全電解コンデンサー交換、セラミックコンデンサー、バラクターダイオード追加
C−4A. 修理前 IF・AMP DET部
C−4B. 修理後 IF・AMP DET部。 FET(電解トランジスター)4個、全電解コンデンサー、抵抗2本交換、FAX水晶交換
C−5A. 修理前 1st・Local Contro基板
C−5B. 修理後  1st・Local Contro基板 FET(電解トランジスター)1個、全電解コンデンサー交換
C−6A. 修理前  3st・Local Contro基板
C−6B. 修理後  3st・Local Contro基板 FET(電解トランジスター)1個、全電解コンデンサー交換
C−7A. 修理前 メモリー・バック・アップニッカド電池 液漏れしている 
C−7B. 修理中 メモリー・バック・アップニッカド電池の液漏れで腐食した止めネジ、これを取るのは大変!!
C−8. 交換部品 MOS−FET(3SJ**)を探すのに時間が掛かりました
C−5A. 修理前 上から見る
C−5B. 修理後 上から見る
E−2. 周波数精度測定 15MHZのWWW受信 さすがプロ器、周波数はドンピシャリ 下手なSSGは顔負け!
E−3A. 28MHZ感度測定 上のSSGより29.05MHZのAM50%変調の5dBμ受信
                  本体600Ω出力を測定 以下、周波数設定以外同じ状態で測定する
E−3B. 20MHZ感度測定 上のSSGより20.05MHZのAM50%変調の5dBμ受信
E−3C. 15MHZ感度測定 上のSSGより15.05MHZのAM50%変調の5dBμ受信
E−3D. 10MHZ感度測定 上のSSGより10.05MHZのAM50%変調の5dBμ受信
E−3E. 5MHZ感度測定 上のSSGより5.05MHZのAM50%変調の5dBμ受信
E−3F. 1MHZ感度測定 上のSSGより1.05MHZのAM50%変調の5dBμ受信
F−2. 下の波形は1KHZ
F−3. 完成、24時間エージング中 
                規制緩和のお陰で、ヘビーデュティなプロの業務から開放され、ハムの世界で余生を迎える幸せな機器
        Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.       rg55-2-v
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.