SHARP 修理記録
*Accuphase*AudioCraft*Chriskit*DENON*HITACHI*KYOCERA*LUXMAN*MARANTZ*NAKAMICHI*NEC
*ONKYO*Pioneer*SHARP*TOSHIBA*KENWOOD*YAMAHA*VICTOR*Technics*SANSUI*SONY*ETC
*Acoustic Research*AGI*Aura*BGW*Bozak*BRYSTON*Cello*CounterPoint*FmAcoustics*GAS*JBL
*MarkLevinson*McIntosh*MissionElectronicsCyrus*MusicalFidelity*Neumann*PROCEED*QUAD*SAE
*Soundcraft*Stellavox*Spectral*SUMO*telefunken*Urei*Etc
SHARPシャープ株式会社
 SM−SX100. 5台目(2019年2月)オーストラリアから
 SM−SX100. 3台目(2018年12月)  SM−SX100. 4台目(2018年11月)
 SM−SX100(2017年1月)  SM−SX100. 2台目(2018年4月)
 SM−SX200(2018年12月)  SM−SX200. 2台目(2019年2月)
 SM−SX300(2018年6月)  SM−SX300. 2台目(2019年3月)
修理指針
電源が入らない(通電しない)場合はDC−DCコンバーター焼損が殆どです。
SM−SX100〜SM−SX300の「P」表示には、簡単な故障からDC−DCコンバーター焼損まで有ります。
  • 通電から必ず直ぐに「P」表示する場合はDC−DCコンバーター焼損です。
    機種別の、DC−DCコンバーター交換方針。
    • SM−SX100
        搭載品はSharpへのOEM製品で、現存シリーズに有りません。
        よって回路変更が伴い2個交換します。 単純に置き換えると、終段FET(電解トランジスター)等の焼損につながります。
        片側焼損でも、2個交換が必要です。
    • SM−SX200/SM−SX300
        搭載品は旧製品で、現存シリーズに2個に置き換えます。
        仕様が異なりますので、片側焼損でも、2個交換が必要です。
  • このDC−DCコンバーターは厚膜混成集積回路(ハイブリッドIC)素子なので修理不可です。
             通常修理 & オーバーホール修理の違いは此方参照
このHP(HomePage)は、修理依頼者の為に作成して有ります。 このHPを修理の参考にするのは、適切では有りません。  このHPに表されている処置だけでは、修理完成しない場合が有ります。 
Copyright(C) 2019 Amp Repair Studio All right reserved.   最終更新2019/3/18.